バリバリインターネッツ

「今」使えるネタをバリバリ配信!

ドラマ・テレビ番組

ドラマ『ファースト・クラス』女のマウンティング(格付け)が怖すぎる件

ドラマ『ファースト・クラス』女のマウンティング(格付け)が怖すぎる件

こんにちは、バンブーダンス竹田です。
今、じわじわと人気が広がっている土曜深夜ドラマ、『FIRST・CLASS(ファースト・クラス)』を皆さんはご存知ですか。
沢尻エリカが久しぶりに主演を務めるということで、注目が集まった今作品ですが、その中身がこれまたスゴいんですよね。

何がスゴいって、作品のメインテーマである、女同士の格付け「マウンティング」があまりにもドロドロとしすぎているところなんですよ。
激しい女同士のバトルに、男子のみならず女性もブルブル震え上がるほど。

では、そんなにも恐ろしい恐怖の「マウンティング」とは一体どのようなものなんでしょうか。
今回は、マウンティングの実態について、1人のオトコが斬り込んでいこうと思います!

マウンティング女子とはどんな生き物?

では、『ファースト・クラス』のテーマとなっている、「マウンティング」とは一体何なのでしょうか。

マウンティングという言葉は女性誌や情報番組などで昨年頃から取り上げられるようになったことばです。
本来の意味は、多くの哺乳類の雄が交尾の際に行なう「背乗り」行為のことで、これは個体間の優位性を誇示するためにも行われます。
これが転じて、日常のコミュニケーションにおいて「自分の立場が上」と態度や言葉で示す行為を示すものとして、使用されるようになったのです。

これが女性同士の間では何気ない会話の中に潜んでおり、それがストレスを生み出していることが多々あるといいます。
特に女子会。女子会におけるマウンティングには、我々男が気付かないところで底知れぬ悪意を含んでいるようです。

この恐怖のマウンティングには、いくつかパターンがあります。

親友型

「親友だから」という言葉を楯に、言いたいことをズバズバ言ってくるタイプ。
「あなたと私の仲だから……」と前置きして鋭い攻撃を放ってくるのは、なかなか心に来ます…

カウンセラー型

誰も求めていないのに勝手にアドバイスしてくるカウンセラー・アドバイザーのようなタイプ。
地味目な友達に、メイクやファッションにダメ出ししまくったり、(いらない)アドバイスしまくるなど、上からアドバイスをしないと気が済まないようです。

プロデューサー型

「あなたは〇〇タイプ」とレッテルを貼り、他人の前でいじって貶める。
これまたカウンセラー型と同じく、上から目線で物申さないと気が済まないようです。

事情通型

何でも自分の方が知っているかのように振る舞うタイプ。
何でもかんでも知っているかのような発言、決して簡単には羨ましがらないなど、負けず嫌いな様子が伺えます。

自虐型

「いいなー、私なんて」という自虐から自慢に持っていくタイプ。
とにかく自分語りが好きなようです。

無神経型(無意識型)

相手の気持ちなど微塵も理解しない・できないタイプ。
相手が気にしてることをそのままあだ名にするなど、性格がネジ曲がっています

司会型

自分のペースで会話を仕切り、自慢に持っていくタイプ。
常に自分が仕切っていないと気が済んでくれません。

ファースト・クラス/マウンティングの評判


URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top