バリバリインターネッツ

「今」使えるネタをバリバリ配信!

芸能人:女性

深田恭子の新恋人とされるベリッシモ・フランチェスコて誰?

深田恭子の新恋人とされるベリッシモ・フランチェスコて誰?

深田恭子の新たな熱愛が発覚し、新恋人の登場に世間の注目が集まっている。
その新恋人は、深田より3歳年上の34歳、人気イタリア料理店のオーナーを務める実業家だと言われている。

その新恋人は、ベリッシモ・フランチェスコではないかと推測される。
今回は、その新恋人と思われるベリッシモ・フランチェスコについて採り上げたいと思う。

ベリッシモ・フランチェスコって誰?

ベリッシモ・フランチェスコの本名は、フランチェスコ・ベリッシモ (Francesco BELLISSIMO)1979年生まれで現在35歳。
生まれはイタリアのローマ
21歳の時に日本に留学し、それから日本でタレント・料理研究家、そして実業家として活躍している。
株式会社ビリオネア代表取締役社長で、イタリア料理研究会会長も務めている。
所属事務所は、自分の会社である株式会社ビリオネア。
愛称は「ベリさん」、「ベリちゃん」「イタリアの種馬」

近年「イケメン料理人」「チョイ悪料理人」としてメディアに取り上げられることが多く、テレビ番組では女たらしな姿を見せることがしばしばある。

ベリッシモ語録

ベリッシモといえば、女性好きなイタリア人の代表のようなキャラ。
雑誌の取材に着た編集者を口説きにかかるほどだ。
そんな彼の、「チョイ悪・肉食エピソード」をほんの少し紹介する。

「僕はSだから女の人が苦しむのが見たい」
徹子の部屋で、辛い料理に苦戦する黒柳徹子を見ての一言。

「好きな料理は、誰のために作っているかで、好きか嫌いか決まりますね。そういう意味では、好きな料理は好きな女性のために作っている料理、かな」

「味だけじゃなくて、ムードとか、テーブルマナーとか…女性とどんな風に食べたかも大切。すべて含めて愛の記憶になる。」
雑誌の取材で

「あまりニンニクがききすぎたら、お食事の後に思いっきりキスができないでしょう?」
「先生の作っているペペロンチーノには、なぜニンニクのみじん切りが入ってないの?」という質問への答え

来日秘話

彼はイタリアから日本へやってきてからどのようにして有名イタリアン料理人となっていったのだろうか?

彼は、最初1年だけ滞在する予定で日本に留学した
日本で、多くの店でイタリアンを食べていく中で本場と味が違うことに気付いたという。
そして、女性を家に招いて料理を振る舞ったところ、絶賛され、それ以後女性にモテたいがために料理をするようになったと語っている。

料理研究家になろうと決めてからは、片言の日本語で雑誌社に自分を売り込みまくった
電話をしては、怒鳴られたり、断られたり、冷たくされる日々が続き、毎月食費が1万円の極貧生活を送っていたという。
松屋の牛丼とカレーで食いつなぎ、1日1食しか食べられないこともあったのだとか。

アポを取っていく中で、
「雑誌に出たければ、まずはテレビに出なさい」
と言われ、番組制作会社にテレアポをしてみると、今度は逆に
「雑誌に出たら、番組に出られるよ」
と言われたという。

そして、彼は自分の個性を尖らせてメディアに出演するために、徹底してイタリアンスタイルを貫くことを決めたのだった。
それから、打ち合わせに来た編集者を本気で食事に誘ったり、口説いたりするようになったのだ。
100人斬りのイタリアン料理人の誕生の瞬間だった。

最近のベリッシモさんの姿

こちらの動画は今年の2月上旬にアップされたもので、最近の彼の姿を確認することが出来る。

こちらはグラサンをかけてバカンスをしている彼

ベリッシモさんの料理本

イケメンイタリア人料理人の本格イタリアンを自宅でも堪能したい方は、彼の出しているイタリアン入門書をチェック!

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top